交際費等の改正

従前の交際費等の取扱い

・中小法人以外の法人・・支出する交際費等の全額損金不算入

・中小法人・・・・・・・支出する交際費等のうち年額800万円(以下「定額控 除限度額」という)を超える部分について損金不算入


     中小法人とは
       事業年度終了の日における資本金の額又は出資金の額が1億円
       以下の法人(普通法人のうち事業年度終了の日における資本金
       の額又は出資金の額が5億円以上の法人などの一定の法人に
       よる完全支配関係がある子法人等を除く)

改正後の交際費等の取扱い

 交際費等の損金不算入制度の適用期限を平成28年3月31日まで延長
 一人当たり5,000円以下の飲食費の取扱いは従前どおり書類の保存要
 件を満たしている場合には交際費等に該当しないこととされます

・中小法人以外の法人・・平成26年4月1日から平成28年3月31日までに開始する
       事業年度において交際費等のうち飲食その他これに類する
       行為のために要する費用(社内飲食費を除く、以下「飲食費」
       という)で、帳簿書類に飲食費であることについて所定の事項
       が記載されてるもの(以下「接待飲食費」という)の額の50%に
       相当する金額が損金の額に算入されることになりました

      社内飲食費とは
        飲食その他これに類する行為のために要する費用で専ら当該
        法人の役員もしくは従業員又はこれらの親族に対する接待等
        のために支出するもの


・中小法人・・・・・・接待飲食費の50%相当額の損金算入と800万円までの 損金算入のいずれかを選択適用できます

お問い合わせはこちら
安藤澄子税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

東京税理士会所属

お気軽にお問合せください。
安藤澄子税理士事務所
TEL:03-3909-3787
sumiko-ando@tkcnf.or.jp

ここに文章を入力してください